アトリエ*A blog

ARTICLE PAGE

風呂敷バックで包む。

アルバイトに行っているギャラリーで販売している 「風呂敷バック」 です。

風呂敷バックb


マチ付きでタップリ入る大きさですが、折りたためば小さくなるのでエコバックとしても重宝しそうです。
お値段、3800円也!色違いに黒と柿色があります。
と宣伝はここまでにしておいて・・・

ちょっと思いついて試してみました、風呂敷本来の使い方。

生地は風呂敷なのですが、バックとして裁断・縫製がしてあるので、本来の風呂敷のように包むのは無理があるかなぁ~と思いつつ
風呂敷バックa



おっ!イケるやんっ!
風呂敷バックd


マチが作ってあるので、片方のマチに寄せて包む小技は少しいりますが割と簡単に出来ました。
そして、もう少し小さな箱も包んでみました。
はりのある生地なので、長くなった結んだ先を少し立たせてっと・・・
可愛いやんっ!

風呂敷バックe


あぁーや、こぉーやしている内に、こんな事も・・・

風呂敷バックc


持ち手部分をクルクル巻いて結んで、小ぶりのバック風です。
こんな風呂敷バックで包んだ手土産を貰えると嬉しくないですか?

0 Comments

Leave a comment